概要 製品一覧 サポート Blog

ゾンド 265 チュートリアル

image

 

Olga Krovyakova著 - 2023 年 10 月 9 日に修正、2019 年 3 月 21 日に作成。

ZOND 265を無料で試す

目次

Zond 265 インターフェース

Zond 265 メインウィンドウ

image

ファイルメニュー

image

アイテム説明
ビデオファイルを開く
最近開いたファイルのリストを表示する
開いたファイルのパス
現在のファイルパスをクリップボードにコピーします
現在のファイルの場所を開く
互換性に関する警告。この警告は、ソフトウェアが HEVC テスト モデル (HM) バージョン 14.0 以前 (10.01 以降) と互換性があることを通知します。以前のバージョンの HM はサポートされていません。
Zond 265 オプションメニュー
Zond 265 ヘルプ メニュー

リモート コンピューター上で Zond 265 を実行している場合、「最近開いたファイルのリストを表示」、「現在のファイル パスをクリップボードにコピー」、「現在のファイルの場所を開く」のコントロールは使用できません。

オプションメニュー

image

アイテム説明
イントラ PU を TU として分割このオプションが有効な場合、各イントラ予測ユニットの次元は、対応する変換ユニット (表示されている場合) と一致します。
ゾンド265についてZond 265のバージョンを表示

image

アイテム説明
ヘルプを見るこのヘルプページを開く

ツールバー

image

アイテム説明ショートカットキー
画像の種類
色の成分
スライス境界
タイルの境界
予測パーティション。
デコードされたピクチャ ウィンドウ上の赤いブロックはイントラ予測ユニットを意味し、のブロックはインター単予測ユニットを意味し、緑のブロックはインター双予測ユニットを意味し、白いブロックはインター スキップ予測ユニットを意味します
パーティションを変換します。
デコードされたピクチャ ウィンドウ上の白いブロックは輝度サンプル変換ブロックを意味し、青いブロックは青差クロマ サンプル変換ブロックを意味し、赤いブロックは赤差クロマ サンプル変換ブロックを意味します
動きベクトル。
赤い線はリスト 0 のベクトルを意味し、青い線はリスト 1 のベクトルを意味します
圧縮の詳細
ビデオウィンドウスケール
ハンドツール
デコード順序フレームインデックス。この値は手動で編集できますCtrl + Shift + S
出力順序フレームインデックス。この値は手動で編集できますCtrl + Shift + D
フレームタイム。この値は手動で編集できますCtrl + Shift + T
最初のフレーム
前のフレーム
プレイの開始/一時停止
次のフレーム
最後のフレーム終わり
ナビゲーションモード

「画像タイプ」、「カラーコンポーネント」、「パーティションの変換」、「圧縮の詳細」、「ビデオウィンドウスケール」、および「ナビゲーションモード」のコントロールには、以下にリストされているオプションを含むドロップダウンリストが表示されます。

画像の種類

image

アイテム説明
最後のデコードのすべてのステップ (予測、変換、デブロッキング、サンプル適応オフセット フィルター) 後の最終画像
ブロック解除後デブロックフィルター後のデコードされた画像 (予測、変換、デブロックフィルター)
ブロック解除前デブロックフィルター(予測、変換)前のデコードされた画像
残留物残像
予測する予測後のデコードされた画像

色の成分

image

アイテム説明
YCbCrデコードされた画像のすべての色成分
Yデコードされた画像の輝度成分のみ
Cbデコードされた画像の青差クロマ成分のみ
Crデコードされた画像の赤差クロマ成分のみ

パーティションの変換

image

アイテム説明
Yルミナンス サンプルの変換パーティション、デコードされたピクチャ ウィンドウ上の白いブロック
Cb青差クロマサンプルの変換パーティション、デコードされたピクチャウィンドウ上のブロック
Cr赤差クロマサンプルの変換パーティション、デコードされたピクチャウィンドウ上のブロック

変換係数の行列は、詳細ウィンドウのTU タブに配置されます。

圧縮の詳細

image

アイテム説明
RefIdxインター予測ユニットの参照インデックス。最初の番号はリスト 0 のフレーム インデックスで、2 番目の番号はリスト 1 のフレーム インデックスです。デコードされたピクチャ ウィンドウ上のブロックの色は、タイムライン ウィンドウ上のフレーム参照マークの色と一致します。
クオント変換ブロックの量子化パラメータ
ビットコード化された単位サイズ (ビット単位)

これらのパラメータは、詳細ウィンドウの[CU] タブにも表示されます。

ビデオウィンドウスケール

image

これらのコマンドは、デコードされたピクチャ ウィンドウのスケールを設定します。

ナビゲーション順序

image

アイテム説明
デコード順序デコード順序で前方/後方に進みます
出力順序出力順序を前後に進める
キーフレームキーフレームで進む/戻る
アイフレームI フレーム単位で前方/後方に進みます
IPフレームI および P フレームごとに前進/後退します
IBPフレームI、P、B フレームごとに前方/後方に進みます。

詳細ウィンドウ

詳細ウィンドウには、「ビットストリーム」、「フレーム統計」、「フレーム情報」、「 CU 」、「 TU 」、「ストリーム統計」、および「品質」の 6 つのタブがあります。

ビットストリーム

このタブには、ファイルのすべての NAL ユニットに関する情報が含まれています。

image

アイテム説明
NAL ユニットのデータ型。可能なすべての色を以下に示します
ファイル内の NAL ユニット オフセット (バイト単位)
文字列内のNALユニットのデータ型
デコード順のフレームインデックス
NAL ユニット サイズ (バイト単位)

「ビットストリーム」タブの行をクリックすると、ユニットのパラメータが表示されます。

image

行の色の意味を次の表に示します。現在のフレームに属するすべての NAL ユニットが明るい色で強調表示されます。

説明
ビデオ パラメータ セット(VPS)、シーケンス パラメータ セット(SPS)、ピクチャ パラメータ セット(PPS)、補足拡張情報(SEI)を含む NAL ユニット
イントラ (I) スライスを含む NAL ユニット
予測 (P) スライスを含む NAL ユニット
双方向予測 (B) スライスを含む NAL ユニット

フレーム統計

このタブには、現在のフレームのデコード プロセスに関する次の統計データが含まれています: ビット分布 (mvd、残差、merge_idx など)、イントラおよびインター ピクセルの数、予測単位と変換ブロック サイズの分布、圧縮効率に関するデータ (圧縮比率、ピクセルあたりのビット数、ピクセルあたりの動きベクトルなど)。

image

「Elements」テーブルの最初の 2 列の意味を以下に示します。

アイテム説明
タイムラインウィンドウの統計グラフ上のビットの分布線のサンプル
タイムラインウィンドウの統計グラフ上にビットの分布線を表示

フレーム情報

このタブには、現在のフレームに属するすべての NAL ユニットに関するデータが含まれています。

image

CU

このタブには、デコードされたピクチャ ウィンドウで利用できるものよりも詳細な、コード化されたユニットに関する情報が含まれています。

imageimage

アイテム説明
輝度および彩度サンプルのイントラ予測ユニットのイントラ予測のモード
リスト 0 とリスト 1 の動きベクトル (MV)、動きベクトル差分 (MVD)、動きベクトル予測子 (MVP)。括弧内に参照インデックスが示されています。
コーディングツリーユニットのラスタースキャン順序
コーディングツリーユニットのラスタースキャン順序
コーディングユニットのZスキャン順序
コード化されたツリー ユニットに関連するルミナンス サンプル内のコーディング ユニットの位置

TU

このタブには、強調表示されたコード化ユニットのすべての変換ブロックに関する、デコードされたピクチャ ウィンドウで利用できる情報よりも詳細な情報が含まれています。

image

アイテム説明
色成分
変換係数行列の次元
コード化ユニット内のブロック位置を輝度サンプルで変換します。
変換係数。赤色は正の数を表し、灰色はゼロを表し、青色は負の数を表します。

ストリーム統計

このタブには、ファイル全体のデコード プロセスに関する次の統計データが含まれています。 ビットレート、平均フレーム サイズ、解像度、フレーム数などのファイルの一般データ、およびビット数などのすべてのフレームの統計データ分布 (mvd、残差、merge_idx など)、イントラおよびインター ピクセルの数、予測単位と変換ブロック サイズの分布、圧縮効率に関するデータ (圧縮率、ピクセルあたりのビット数、ピクセルあたりの動きベクトルなど)。

image

「Elements」テーブルの最初の 2 列の意味を以下に示します。

アイテム説明
imageタイムラインウィンドウの統計グラフ上のビットの分布線のサンプル
imageタイムラインウィンドウの統計グラフ上にビットの分布線を表示

タイムライン ウィンドウ内の配電線のサンプルを次の図に示します。

image

品質

このタブには、参照 YUV ファイルと比較したファイルのビデオ品質に関する情報が含まれています。

image

アイテム説明
image参照 YUV ビデオ ファイルを開く
image最近開いた参照ファイルのリストを表示します
imageフレーム内の各予測単位に対して計算された PSNR 値を表示します。これらはデコードされた画像上にオーバーレイとしてすぐに表示され、マウスをツールヒントのレイヤー上に移動すると値が表示されます。白色Lumaサンプルの数値が優れていることを意味し、青色Cbサンプルの数値が優れていることを意味し、赤色Crサンプルの数値が優れていることを意味します。
image開かれた参照ファイルのパス
imageタイムライン ウィンドウのビデオ品質グラフの線のサンプル
imageタイムラインウィンドウにビデオ品質グラフの線を表示します

タイムライン ウィンドウの品質ラインのサンプルを次の図に示します。

image

ヒントウィンドウ

ウィンドウには、ほとんどの構文要素のHEVCおよびAVC仕様の引用が含まれています。
それらを取得するには、Ctrlキーを押しながら、HEVCの場合はBitstreamまたはErrorsタブ、AVCの場合はBitstreamタブで、任意の要素名にマウスポインタを合わせるだけです。必要な部分で仕様を開く機能を持つには、適切なPDFファイルをITUサーバーからダウンロードする必要があります:

ダウンロードしたファイルは、以下のようなファイル名でなければならないことにご注意ください: HEVCはT-REC-H.265-201410-S!!PDF-E.pdf、AVCはT-REC-H.264-201304-S!!PDF-E.pdf.
これらのファイルは、例えばZond 265インストールフォルダの "Specs "サブフォルダに置く必要があります:
C:\Program Files\Solveig Multimedia\Zond 265 x64\Specs image

image

アイテム説明
imageヒントウィンドウを移動する
imageヒントウィンドウの位置を修正しました。ウィンドウの位置が固定されていない場合は、マウスポインタに従います。
imageヒントウィンドウを閉じます。ヘルプメニューの「ヒントウィンドウの表示/非表示」をクリックすると再度開くことができます。

詳細はこちら

16進データウィンドウ

ウィンドウには、ファイルのすべての NAL ユニットの 16 進データが含まれています。 「ビットストリーム タブ」の要素に対応する 16 進数データは、タブ上にマウスを移動すると強調表示されます。

image

アイテム説明
imageファイルの指定された位置から 16 進データを取得します
imageファイル内の 16 進数データを検索する
imageバイナリデータの表示/非表示
image 16 進数データ ウィンドウを移動する
imageファイル内の 16 進数データのオフセット
imageバイナリデータ
image 16 進データ

タイムラインウィンドウ

タイムライン ウィンドウには、「フレーム サイズ バー チャート」と「バッファ サイズ統計」の 2 つのタブがあります。

フレームサイズの棒グラフ

image

アイテム説明
imageフレームサイズの棒グラフウィンドウを表示します。フレーム サイズ バー チャート ウィンドウが表示されている場合、コントロールにはポップアップ メニューが表示され、「ビット分布」グラフと「品質」グラフのすべての行を表示/非表示にすることができます。
imageバッファサイズ統計ウィンドウを表示する
フレームバーの上部にデコード順にフレーム番号を表示します。
フレームバーの上部にタイムスタンプを表示します
すべてのフレームの最大値を先頭に配置して、フレーム サイズをバイト単位でラベル付けします。
フレームバーのサイズ。
赤いバーはイントラ スライスのみを含むフレームを意味し、青いバーはインター単予測スライスを含むフレームを意味し、緑色のバーはインター双予測スライスを含むフレームを意味します。バーをクリックすると、その特定のバーの上部に番号が表示されているフレームに移動できます。
image参照フレームのマーク。
色は現在のフレームからの距離によって異なります。近くのフレームは緑色の色合いで色付けされ、より遠いフレームは黄色の色合いで色付けされ、最も遠いフレームは赤色の色合いで色付けされます。これらの色は、デコードされたピクチャ ウィンドウの RefIdx レイヤー上の色と同じです。現在のコード化ユニットの参照フレームは矢印でマークされています。

フレームに関する追加情報は、詳細ウィンドウの「ビットストリーム」、「フレーム統計」、「フレーム情報」、「ストリーム統計」、および「品質」タブと、デコードされたピクチャ ウィンドウのレイヤーに表示されます。

バッファサイズの統計

このタブには、特定の初期遅延とバッファ サイズを使用して、特定のビット レートで送信された特定のフレーム レートのビデオをデコードするときの、仮想のリファレンス デコーダのバッファ占有率プロットが含まれています。オーバーフロー領域とアンダーフロー領域は赤色で表示されます。

image

アイテム説明
バッファーフルネスプロットにフレーム番号を表示する
バッファー占有率プロットにフレームのタイムスタンプを表示する
仮想リファレンス デコーダのバッファ サイズ (バイト単位)
特定のビデオが送信されるビット レート (キロビット/秒)
指定されたビデオのフレーム レート (フレーム/秒)
ビデオをデコードする際の初期遅延 (ミリ秒)
プロットを再構築する
現在のフレームをデコードする前のバッファの空き状況、次のフレームのサイズ
プロットをウィンドウに合わせる
プロットのスケールをリセットする

「バッファ サイズ」、「ビット レート」、「フレーム レート」、および「初期遅延」コントロールの値は手動で編集できます。いずれかの値に疑問がある場合は、ゼロ値を設定すると、Zond 265 が指定されたビデオに基づいてその値を計算しようとします。

Zond 265 の起動オプション

可能なすべてのコマンド ライン パラメーターを以下に示します。それらの一部はグラフィック インターフェイスとコマンド ライン インターフェイスの両方で使用でき、別の部分はコマンド ライン インターフェイスでのみ使用できます。

zond265.exe [[-i] ファイルパス名 [pid="プログラムID"]]
[-iref 参照ファイルパス名]
[-port ポート番号]
[-runclient {0|1}]
[-ブラウザ {Chrome|FireFox|Opera}]
[-ログ]
[-decode [o="出力ファイルパス名"] [picture_type="画像タイプ"]]
[start_f="フレーム番号"] [stop_f="フレーム番号"]
[-report [t="ReportTypes"] [qm="QualityMetrics"] [SplitIntraPuAsTu={1|0}]
[start_f="フレーム番号"] [stop_f="フレーム番号"] [et="エントリタイプ"]
[o="出力ファイルパス名"] [format="フォーマットタイプ"]
[hrd_buffer_size="バッファサイズ"] [hrd_bit_rate="ビットレート"]
[hrd_frame_rate="フレームレート"] [hrd_initial_delay="初期遅延"]]
[-待ってます]
[-のぐい]

アイテム説明
-私入力ファイルパス
-iref参照ファイルのパス
-ポートポート番号
-runclientこのパラメータは、ブラウザが Zond 265 によって自動的に起動されるかどうかを指定します。
-ブラウザZond 265 を起動するブラウザを指定します。
利用可能な値: 「Chrome」、「FireFox」、「Opera」。
デフォルト値:「Chrome」(インストールされていない場合) - デフォルトのブラウザ。
-ログロギングを有効にします

Zond 265 をコマンド ライン ツールとして使用する

アイテム説明
-hコマンドラインの使用法に関するヘルプメッセージを出力します。
-のぐいZond 265 をコマンド ライン ツールとして起動する
-待ってくださいキーボード入力を待たない
-報告入力ファイルFilePathおよびReferenceFilePathのレポートを作成する
-デコード入力ファイルFilePath をファイルOutputFilePathにデコードします。

レポートの引数

アイテム説明
t=レポートタイプ利用可能な値: "Quality"、"StatFrame"、"FileInfo"、"PuInfo" (HEVC のみ)、"CuInfo" (HEVC のみ)、"CtuInfo" (HEVC のみ)、"Errors" (HEVC のみ)、"MbInfo" (AVC のみ) 、「BitstreamHeaders」、「HrdTimelineParameters」(HEVC のみ)、「HrdTimeline」(HEVC のみ)、「ManualHrdTimelineParameters」(HEVC のみ)、「ManualHrdTimeline」(HEVC のみ)、「All」。
複数の値をカンマで区切って指定できます。
デフォルト値:「すべて」。
qm=品質メトリクス使用可能な値:「PSNR」、「SSIM」、「VMAF」。
複数の値をカンマで区切って指定できます。
デフォルト値:「PSNR、SSIM」。
start_f=フレームインデックスこのパラメータは、分析対象のセグメントの開始フレーム インデックスを指定します。デフォルトでは、「0」に等しいです。
stop_f=フレームインデックスこのパラメータは、分析対象のセグメントの停止フレーム インデックスを指定します。デフォルトでは、入力ファイル内のフレーム数と同じです。
et=エントリタイプこのパラメータは、レポート テーブルのエントリ タイプを指定します。
使用可能な値:「frame」、「pu」(予測単位)。
デフォルト値:「フレーム」。
o=出力ファイルパスパラメータは出力ファイルを指定します
SplitIntraPuAsTu={0,1}このパラメータは、Intra PU の分割モードを指定します。
format=フォーマットタイプパラメータはレポート ファイルの形式を指定します。
使用可能な値: 「CSV」、「JSON」。
デフォルト値:「CSV」
ManualHrdTimelineParameters レポートおよび ManualHrdTimeline レポートにのみ使用されるパラメーター
hrd_buffer_size=バッファサイズHRDバッファのサイズをバイト単位で指定します。
hrd_bit_rate=ビットレートHRD バッファのビットレート値をバイト/秒で指定します。
hrd_frame_rate=フレームレートHRD バッファのフレーム レート値を 1 秒あたりのフレーム数で指定します。これは浮動小数点値である場合があります。
hrd_initial_delay=初期遅延HRD バッファの初期遅延をミリ秒単位で指定します。

引数をデコードする

アイテム説明
o=出力ファイルパス名パラメーターは YUV 出力ファイル名を指定します。デフォルトでは、「decoded.yuv」と等しくなります。
picture_type=ピクチャタイプパラメータは出力画像のタイプを指定します。
使用可能な値: 「final」、「after_deblock」、「before_deblock」、「residual」、「predicted」。
デフォルト値: 「最終」

使用例

1. 考えられるすべてのタイプのレポートを作成します。
zond265.exe "ビデオ\hm140_randaccess.265" -iref "ビデオ\hm_randaccess.yuv" -report
2.フレーム 5 ~ 10 の PSNR ビデオ品質に関するレポートを作成し、結果をファイル「report.csv」に保存します。
zond265.exe "ビデオ\hm140_randaccess.265" -iref "ビデオ\hm_randaccess.yuv" -report t="quality" qm="PSNR" start_f="5" stop_f="10"
3. 5 ~ 10 のフレームの予測単位ごとに PSNR ビデオ品質に関するレポートを作成し、結果をファイル「report.csv」に保存します。
zond265.exe "ビデオ\hm140_randaccess.265" -iref "ビデオ\hm_randaccess.yuv" -report t="quality" qm="PSNR" start_f="5" stop_f="10" et="pu"
4. bitsrteam の構文要素を保存し、JSON 形式でダンプします。

zond265_x64.exe video.265 -report o="video_bs.json" t=statstream,BitstreamHeaders format=json

5. デコードされた残りのフレームを出力ファイルに保存します。

zond265_x64.exe -i "video.265" -decode o=residual.yuv picture_type=residual

ZOND 265を無料で試す

著者について

image Olga Krovyakova は、2010 年から Solveig Multimedia のテクニカル サポート マネージャーを務めています。

彼女は、ビデオ スプリッター、HyperCam、WMP トリマー プラグイン、AVI Trimmer+、TriMP4 などの会社製品に関する多くのテキストおよびビデオ ガイドラインの著者です。

彼女は毎日プログラムを使って作業しているため、プログラムがどのように機能するかをよく知っています。 ご質問がある場合は、 support@solveigmm.com経由で Olga までお問い合わせください。彼女は喜んでお手伝いします!